ME/CFS患者の方がいらっしゃる医療機関様へ 研究被験者様ご紹介のお願い

筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群(Myalgic Encephalomyelitis/Chronic Fatigue Syndrome: ME/CFS)とは、
これまで健康に生活していた人がある日突然原因不明の激しい全身倦怠感に襲われ、
それ以降、強度の疲労感と共に、微熱、頭痛、筋肉痛、思考力の障害等の症状が長期にわたって続くため、
健全な社会生活が送れなくなるという病気です。
この度、平成28年度に新たに採択された日本医療研究開発機構(AMED)の研究班によって、
有効な治療法の開発につながることを目的に、ME/CFSの病因・病態に関する臨床研究が行われることとなりました。
本研究への参加を希望されている患者様がいらっしゃいましたら、
専用の診察枠を設けておりますのでご紹介くださいますようお願い申し上げます。

ご紹介にあたって

下記の研究参加用診察申込書と臨床研究参加条件確認書、問診票をダウンロードいただき、
必要事項をご記入の上当院へFAXしてくださいますようお願い致します。

お申し込み先

ナカトミファティーグケアクリニック
FAX 06-6233-6137

研究へのご参加について

PS値について

PS値:PS(Performance status)による疲労・倦怠の程度

0 倦怠感がなく平常の社会生活ができ、制限を受けることなく行動できる
1 通常の社会生活ができ、労働も可能であるが、疲労を感ずるときがしばしばある 
2 通常の社会生活ができ、労働も可能であるが、全身倦怠感のため、しばしば休息が必要である 
3 全身倦怠感のため、月に数日は社会生活や労働ができず、自宅にて休息が必要である
(社会生活や労働ができない「月に数日」には、土日や祭日などの休日は含まない。また、労働時間の短縮など明らかな勤務制限が必要な状態を含む)
4 全身倦怠感のため、週に数日は社会生活や労働ができず、自宅にて休息が必要である
(健康であれば週5日の勤務を希望しているのに対して、それ以下の日数しかフルタイムの勤務ができない状態。半日勤務などの場合は、週5日の勤務でも該当する)
5 通常の社会生活や労働は困難である。軽労働は可能であるが、週のうち数日は自宅にて休息が必要である
(フルタイムの勤務は全くできない状態。「軽労働」とは、数時間程度の事務作業などの身体的負担の軽い労働を指し、身の回りの作業ではない)
6 調子の良い日には軽労働は可能であるが、週のうち50%以上は自宅にて休息している 
7 身の回りのことはでき、介助も不要であるが、通常の社会生活や軽労働は不可能である
(1日中、ほとんど自宅にて生活をしている状態。収益につながるような短時間のアルバイトなどは全くできない。ここでの介助とは、入浴、食事摂取、調理、排泄、移動、衣服の着脱などの基本的な生活に対するものをいう)
8 身の回りのある程度のことはできるが、しばしば介助がいり、日中の50%以上は就床している
(外出は困難で、自宅にて生活をしている状態。日中の50%以上は就床していることが重要)
9 身の回りのこともできず、常に介助がいり、終日就床を必要としている

検査までの流れ

医療機関様より紹介
診察申込書臨床研究参加条件確認書問診票を06-6233-6137へFAX
1週間程度
受診可否のご連絡
・必要書類確認後、研究参加の可能性がある方に限り専用の診察枠でご予約
数日~数ヶ月後
中富医師による診察
・診断基準に加え研究参加基準を満たしているか確認
・検査、複数回の診察を行う可能性あり
・保険診療(3割負担で2,000~10,000円程度目安)
数日~数ヶ月後
当院にて倉恒医師による診察
・研究参加基準を満たしているか最終確認
・保険診療(3割負担で1,000〜5,000円程度目安)
数日~数ヶ月後
大阪市立大学医学部附属病院へ紹介
・研究の同意説明
・研究参加決定
・スケジュール調整
・保険診療(3割負担で800〜6,000円程度目安)
数日~数ヶ月後
研究参加決定
・疲労検査、PET検査実施
(PET検査は日曜日、疲労検査はその前後の週で実施予定)

Q&A

Q.1何のための研究ですか?
A.ME/CFSの治療法の開発につながる病態把握、簡易スクリーニング法の開発のための研究です。この研究により、病気の診断が今までよりも簡単で確実になったり、治療に役立つ薬の開発につながることを目指しています。
Q.2どれくらいの費用がかかりますか?
A.研究参加決定までの当院の診察は保険診療となります。保険の種類や診察内容によって負担額は変わりますが、3割負担の方で初回の診察が2,000~2,500円程度(検査を行う場合はさらに2,000~8,000円程度)、2回目の診察が500~1,500円程度になることが多いです。大阪市立大学医学部附属病院では、800〜6,000円程度が目安です。研究参加が決定した場合、それ以降の検査については患者様のご負担はございませんが、研究参加のための交通費、宿泊料等は患者様のご負担となります。
Q.3どれくらいの日にちが必要ですか?
A.研究自体は年単位の計画であり、研究参加決定までも数か月から一年程度必要となる予定です。詳しくは【検査までの流れ】をご確認ください。
Q.4車いすを使用していますが研究に参加できますか?
A.当院のあるビルにはエレベーターがありますが、あまり大きなものではありません。またお手洗いをご利用いただく場合は必ず階段があります。当院、その他検査機関におきましても介助にあたるスタッフはおりませんので、ご自身で移動が可能もしくは介助者が同行できる方が対象となります。
Q.5外国人でも研究に参加できますか?
A.条件に該当されれば参加可能です。まずはかかりつけの先生にご相談ください。なお、日本語以外での対応はできませんので、通訳等が必要な場合はご自身でご準備ください。
Q.6もし途中で研究参加をやめたくなったらどうすればいいですか?
A.研究参加はいつでも辞退していただけます。もし辞退をご希望の場合はスタッフもしくは担当の医師へお申し出ください。
Q.7受診の結果研究対象外となった場合、もう通院できませんか?
A.一般の患者様と同様にご通院いただけます。診断や研究参加可否にかかわらず、引き続き当院での治療・診察等をご希望の方はお申し出ください。なお、大阪市立大学医学部附属病院疲労クリニカルセンターは、ME/CFSの診断基準を満たした方のみを通院対象としております。
Q.8遠方に住んでいるのですが、交通費や宿泊費の補助制度はありますか?
A.研究費による補助制度はありません。患者様自身でご負担いただきますのでご了承ください。
Q.9現在18歳ですが、研究に参加できますか?
A.今回の研究は20歳以上の方が対象となります。
Q.10必要書類について聞きたいことがあるのですが、どうしたらいいですか?
A.当院の診療時間内にお電話にてお問い合わせください(電話番号:06-6233-6136)。なお、患者様からの必要書類についてのご質問は受け付けておりませんので、必ず医療機関様よりお問い合わせいただきますようお願い申し上げます。
Q.11慢性疲労症候群だと思うのですが、特に通院はしていません。研究に参加することはできますか?
A.研究参加には医療機関からの紹介が必要です。まずはお近くの内科、総合診療科等にてご相談ください。
Q.12研究に参加するかどうかを相談したいのですが、どうしたらいいですか?
A.先に診断基準、症状の経過などを把握させていただき、適格基準を満たすかどうかの判断が必要になります。まずはお近くの病院もしくはかかりつけ医にご相談ください。

お問い合わせ・お申し込み

クリニックTOPへ