ナカトミファティーグケアクリニック

完全予約制

06-6233-6136

WEB予約はこちら

リワーク 復職支援プログラムSPICE

うつ病で休職中の方の復職支援プログラム

近年、うつ病などのメンタルヘルス不調による休職者は増えています。従業員の過労やストレスへの対応は企業にとっても欠かせない問題となりました。
当クリニックは、医療法人あけぼの会との産学連携によって実績を培ってきた関西福祉科学大学EAP研究所と連携。うつ病などによって休職中の方へ、他者との関わりやさまざまな作業活動を通じて精神機能の向上、対人関係能力、作業能力の改善を図り、スムーズな職場復帰をサポートします。

SPICE〈スパイス〉とは

「ストレスは人生のスパイスである」という生理学者ハンス・セリエ(1907〜 82)による名言をもとに、休・復職というストレスフルな体験を“人生をより豊かな味のあるものに変えるスパイスにできれば”という思いを込めた愛称です。

SPICEの特長

大学とクリニックの連携による実践的プログラム

企業が抱えるメンタルヘルス不調者の問題にいち早く取り組んできた実績を持つ関西福祉科学大学EAP 研究所と、疲れに悩む人々に向けたさまざまなフォロー&ケアを行う当クリニックが連携することで、複合的な課題解決プログラムを実現。関西福祉科学大学EAP研究所を当クリニック内に設置しており、一般向けとしては全国で唯一となるクリニックと大学の連携による復職支援プログラムを実施します。主なプログラムは関西福祉科学大学から専門家が来院して行います。


関西福祉科学大学 EAP研究所

EAP研究所では、産学協同におけるEAP活動と共に、職場のストレス・メンタルヘルス問題解決のための研究活動を行っています。またその一環として、企業のメンタルヘルス担当者向けの講座等を実施しています(職場メンタルヘルス事例検討会、メンタルヘルス推進者育成プログラムなど)。

EAP研究所のWebサイトはこちらをご覧ください。 ※EAP : Employee Assistance Program 従業員支援プログラム

アメリカで発展してきた従業員の個人的問題解決支援のためのプログラムです。従来のメンタルヘルスサービスとは異なり、問題についてさまざまな見地から徹底したアセスメントを行うことで、問題の解決支援を図ります。日本の職場風土や制度に適した実践方式によって大きな成果をあげています。

主治医を変えずに参加が可能

復職支援プログラムは主治医の同意のもとに実施しますので、主治医を変更することなく参加していただくことが可能です。また必要に応じて主治医、また企業ご担当者様と情報交換を行いながら進行させていただくことで相互の連携が図れるように、万全のサポート体制を整えています。


結果の数値化で目標が見える

クリニックでは、大阪市立大学疲労クリニカルセンターによって開発された疲労検査を導入しており、睡眠や心身の状態を客観的に評価することができます。検査結果についてスタッフがアドバイスを行い、SPICEプログラムがスタート。検査結果は参加者の方だけでなく、必要に応じて主治医や企業の方にも説明させていただきます。
疲れの状態が見える化されるため、目標の設定が容易で、プログラムへの参加もスムーズに行うことが可能です。


従業員・企業双方へのメリット

○ 都心にあるクリニックでより実践的なトレーニングが可能
○ 同じ悩みや目標をもった仲間との交流
○ 経験豊富な専門家によるアドバイス

○ 企業の復職支援制度に組み込んだ活用が可能
○ 再発・再休職のリスクを低減
○ 復職判定に有用な情報の提供


※精神科ショートケアとして保険が適用されます。また自立支援医療の利用が可能です。

SPICEプログラムのフローチャートはこちらをご覧ください
参加条件 ・在職中の方で現在休職されている方、復職の意志のある方
・精神科、心療内科に通院中の場合は主治医の許可と情報提供書が必要で、プログラム参加中は情報提供いただけることが原則
・週2〜4回(1日3時間)程度クリニックへ通院できる方
・アルコール依存症、薬物依存症、パーソナリティ障害などがない方
・現在、自傷行為、希死念慮がない方
・話をすることの拒否などグループ活動への参加に支障がないこと
・概ね2〜6ヶ月参加いただける方さらに6 ヶ月以内の復職を視野に入れておられる方
※参加条件に合わないと担当医が判断した場合は、お断りさせていただく場合があります。
 またプログラム参加中に症状が悪化した場合や参加継続が困難と判断した場合は中止させていただく場合がありますのでご了承ください。

利用実績(2014年4月〜2017年3月末時点)

グラフ

利用者の声

SPICE修了時の感想

20代 男性 企画・事務
適切な睡眠時間を知れた。不規則な生活から脱出できた。
20代 女性 企画・事務
グループ作業のコツを少しつかめた気がします。
20代 男性 技術職
「自分の居場所」と思える安心感のある場所を提供いただきありがとうございました。

復職後の感想

20代 女性 企画・事務
認知行動療法では、自分を客観視するポイントやスモールステップで行動する事など、興味深かった。
まとめたものをいつも手帳に入れている。
40代 男性 公務員
セルフモニタリングできるようになった。周りと積極的にコミュニケーションを取り、業務が担いきれない時には相談できている。
30代 女性 小売り・営業
落ち込む自分を客観的に見れるようになった。
SPICEプログラムのフローチャートはこちらをご覧ください
まずは説明会にご参加ください

SPICEプログラムの詳しい内容や、
対象となる方についての説明会を開催しています。 まずはご予約の上、お気軽にご参加ください。